アナドリン(アナバー)通販最安値・個人輸入価格

販売価格 送料
オオサカ堂 2,971円 無料
メデマート 3,580円 1,000円
ベストケンコー 3,780円 無料
あんしん通販マート 4,350円 700円
薬の通販オンライン 4,980円 700円
アスケイン 5,700円 500円
ガルショップ 6,280円 1,000円

※為替レートなどによって販売価格は変更となることがあります。

オオサカ堂でアナドリンを購入するのが一番お得!

アナドリン(アナバー)は「オオサカ堂」という通販サイトで購入するのが最もお買い得。1本60錠を3,000円ほどで購入できます。1錠あたり50円ほどで買えるのでまさに激安価格です。

オオサカ堂は送料無料のため、アナドリンの商品代金以外の支払いは不要です。

アナドリンについて、オオサカ堂には300件以上のレビューがあります。ほとんどの人が商品に満足しているので安心してお買い求めください。

アナドリンをオオサカ堂で格安購入する

アナドリンの口コミ評判・評価レビュー【2ch・5ch・Twitter】

2chユーザー

アナドリンは即効性があるが、個人的には水分貯留が高く出てくるので使用量を少なくしています。使用週間で6.5kg体重増加し、体脂肪率は減りました。うまく使えばかなり優秀なステロイドです。

2chユーザー

一般的に、ウエイトトレーニングをしながらタンパク質を飲むだけとは明らかに異なります。値段が安く、副作用もないことが最高です。ステロイド初心者にはベストの商品ではないでしょうか。

2chユーザー

アナドリンは5回目のリピートです。ソフトな効能と副作用の少なさが気に入っています。またなくなったら注文を考えています。長く使いたいので、飲み方は気をつけています。

2chユーザー

オキシメトロンに比べるとやはり効果は落ちます。しかし、自然に比べるとパンプ感が全然違います。減量にもむいていると感じています。はじめてステロイドを使う人や、副作用を抑えたい人にお勧めします。

2chユーザー

ステロイド初心者にすごくお勧めの商品!副作用なしで筋肉増強することができます。他のステロイド(オキシポロンやメダナボルなど)と違って、比較的自然な感じに筋肉がつきます。

2chユーザー

自然に鍛えた感じに筋肉がついて、それこそステロイドを使用したような恥ずかしい体にならないところがいいかと思います。スーパー銭湯などに行ったとき、じろじろ見られて驚きました。年甲斐もなく大ハッスルしてしまいました...。友人や家族にも秘密の空間を満喫しています。通販で買ってる大阪堂(オオサカ堂)には感謝しています。ありがとうございます。

Twitterユーザー

肝臓への負担も少なく、副作用は少ない。それだけに不自然な体の変化もないです。他のブランドのオキサンドロロンとより良い感じで血管浮き出て、筋力も劇的に上昇します。アナドリンはかなり使いやすいと思います。

Twitterユーザー

ステロイドに関心を持ち、最初にメダナボルを使用ところ、脂肪が増加するだけで効果が感じられませんでした。しかし、アナドリンの効果を感じることができ、尚且つ副作用も感じられなかった。次回もリピートします。

Twitterユーザー

3ヶ月間、アナドリンを使いながらジムでトレーニングを週2回続けた結果、かなり筋肉量を増やすことができたと思います。ネットで言われているように副作用はあまり感じなかったです。トレーニング友達にも「どうやってそこまで大きくしたの?」と聞かることが増えました。自然な感じで筋肥大するので、ステだとは気づかれない模様です。

Twitterユーザー

アナドリンがはじめてのステロイド。1日50mgを使用し、BIG3が合計20kg上がるようになり、5kg増量しました。サイクル終了後の健康診断も問題ありませんでした。副作用が少ないため使いやすく、安いですが効果はちゃんとありました。

Twitterユーザー

50代です。打撃系格闘技の経験もあり、体は正常に動きますが、筋肉がだんだんつきにくくなってきたのでアナドリンを使いました。。薬品類は初めてですが、初日に効果を実感することができました。国産プロテインとは比較にならない強力な増強剤です。今までのトレーニングが容易にこなせます。オリンピックなどでドーピングが禁止されている理由がよくわかりました。

もっと参考になるアナドリンの口コミはこちら

アナドリンとは?

アナドリンはオキサンドロロンを有効成分とする経口ステロイドです。それはしばしば特定の条件のために医者によって処方されます。ボディビルダーやアスリートやフィットネス愛好家によって増量のためのサプリメントとしてとられています。

アナドリンは高いバイオアベイラビリティーを持っています。それは腎臓によって代謝され、肝臓も役割を果たしています。ステロイドの半減期はおよそ10時間です。高齢者の半減期は約13時間です。

ステロイドの化学式はC19H30O3で、モル質量は306.446g / molです。

有効成分「オキサンドロロン」とは?

有効成分のオキサンドロロンは1962年に開発されました。それは1964年に薬用に使用されました。薬はほとんどの場合医師によって処方されます。オキサンドロロンはFDAによって承認されています。しかし、多くの国でその使用が制限されています。

オキサンドロロンは、骨粗鬆症の症状の治療、肉体的外傷後の体重増加および一部の手術の補助、慢性感染症の治療、原因不明の体重減少の防止に使用されます。オキサンドロロンは、エイズ患者が苦しんでいる筋肉の消耗を防ぐためにも使われます。

オキサンドロロンはまた、特発性低身長、遺伝性血管浮腫、貧血、性腺機能低下症、およびアルコール性肝炎の治療にも推奨されます。ボディビルダーは、増量中にオキサンドロロンを使用します。ステロイドはアンドロゲン効果より同化効果があります。それゆえ、それはしばしば女性によっても使われます。

アナドリン(オキサンドロロン)の効果

アナドリンは実際には、体重を増やしたい、あるいは望ましくない体重減少を防ぎたい男性、女性、子供、そして高齢者のために使用されます。多くの病状において治療効果の程度まで有効であることが証明されています。

アナドリンは、手術後の回復、外傷、慢性感染症の治療に役立ちます。同化ステロイドホルモンは骨の苦痛を軽減できます。骨粗鬆症による骨量減少を防ぐことはできませんが、病状はずっと耐えられます。

脂肪の損失

それは明確に証明されていますアナバーよりもテストステロンよりもはるかに良い腹部の脂肪(それはサブQと内臓脂肪を含む)を減らすのに役立ちます。

あなたはアナドリンよりも高速細断処理するのに役立ちます。アナドリンはそれが腹部の脂肪を失うことになるとそれを際立たせている。体脂肪の10%未満を一年中目標としているフィットネスアスリートやモデルの間で大ファンが続いているのはそのためです。

強化された強さ

アナドリンのもう一つの驚くべき効果は、それがあなたが筋肉量の全体的な増加なしであなたが強度を得るのを助けるということです。

だから、あなたはフィットネスモデルであり、あなたはあなたの前のベンチプレス最大記録を破りたいとしましょう。あなたがあなたの細い体組成を維持することを可能にしている間アナドリンはあなたがそれをするのを助けるでしょう。それはあなたがうまくいくときあなたの筋肉をもっと収縮させることによってそれをします。これは今度は、最も小さい筋肉繊維を増強するためにも働きます。

筋肉の喪失を防ぐ

アナドリンの治療的使用は、寝たきりの患者や末期患者の筋肉消耗を防ぐことです。あなたが切っている間、それはごくわずかな筋肉の損失につながります。だから、たとえあなたが高カロリー不足の食事をしているとしても、アナドリンはあなたが脂肪減少を増幅している間あなたの苦労して稼いだ筋肉を保持することを可能にします。

良い感じのステロイド

他のアナボリックステロイドホルモン薬と同様に、アナドリンはあなたが超人的な気分にさせるでしょう。あなたの筋肉への酸素供給は増幅されます。より多くの栄養素が届けられています。あなたのRBC数は急増しています。あなたがそれをしている間、あなたが気分が良くなっても不思議ではありません。

アナドリンの使い方・サイクル

アナドリンの医学的用途と非医学的用途はまったく異なります。処方アナドリンは医師の指示に従って服用しなければなりません。薬は通常2〜4回毎日服用することをお勧めしますが、これはルールではありません。薬はしばしば胃のむかつきを経験する人のために牛乳や食べ物を処方されます。

投与量は常に治療されている状態と人の全体的な健康状態、年齢、性別によって決まります。標準的な適量は1日あたりの2.5mgから20mgです。平均投与量は1日5mgから10mgです。アナドリンのコースは通常2〜4週間です。場合によっては、最長3ヶ月間使用を延長する必要があります。

サイクル

アナドリンの非医療用途は異なります。バルクアップフェーズの前と最中に使用する必要があります。周期があり、その後周期後療法があるはずです。ボディビルダーやアスリートのためのアナドリンの投与量はなじみと忍容性に応じて異なります。

初心者は一日あたり15mgから25mgで始めるべきです。中間投与量は1日当たり20mgから80mgです。2週目または3週目に進む初心者は、1日50mgまで増量することができます。50mgを超えないようにしてください。中間ユーザーは一日あたり100mgを超えて投与量を増やさないでください。

上級ユーザーでも1日80mgから始めて1日100mgの上限を守ることをお勧めします。

女性の使用方法

女性のボディビルダーや運動選手はもっと低い服用量にするべきです。1日あたり約10mgは初心者には十分効果があると考えられています。用量は、副作用の結果と経験またはそれがないことに基づいて増やされるかもしれません。

女性ユーザーは一日あたり50mgに近いところで服用してはいけません。周期は少なくとも4週間であるべきです。最長6週間です。

アナドリンはメダナボルやオキシポロンのような他の同化ステロイドホルモンと併用することができます。併用するときの副作用に注意してください

アナドリンの副作用

アナドリンは、深刻な副作用を引き起こす可能性があります。過剰摂取は常に避けるべきです。低用量または推奨用量で服用した場合、Anavarには中程度の副作用が生じる可能性がありますが、一般的なものではありません。

ユーザーは頭痛、吐き気、嘔吐を経験することがあります。皮膚の色の変化、性欲の変化、皮膚の皮脂腺による過度の油分分泌、一過性または一時的な脱毛、にきびの発生が報告されています。これらすべての副作用は通常自然に治まります。

副作用がひどくなったら、薬やサプリメントとしてのステロイドの服用を中止し、医者に相談しなければなりません。

アナドリンには、次のような珍しい副作用があります。

  • 気分のむら
  • うつ病
  • 不安
  • 睡眠障害

その他の重篤な副作用には次のものがあります。

  • 女性化
  • にきび
  • 肝毒性
  • 油性肌

男性は、自分の胸部に圧痛または腫れ、排尿中のいくらかの感覚を経験することがあります。受胎能力への影響は、ステロイドが長期間にわたって非常に高い用量で使用されない限り、一時的なものです。

過量摂取のほとんどの場合、その効果は依然として可逆的です。

女性ユーザーは男性化を感じることがあり、その声は深くなり、顔や体に過度の毛髪の成長、不規則な月経を生じることがあります。

ステロイドは浮腫、体が水分を保持しているときの状態につながります。これは肥満感につながる可能性があります。これは珍しいことではありませんが、過度の膨満感が問題です。

腫れた足や足首、息切れ、異常な疲労、過度の体重増加を経験している女性ユーザーは、医師に相談してください。アナドリンは他の薬やサプリメントと相互作用する可能性があります。

他のステロイドとの併用は珍しいことではありませんが、それは知識のある方法で行われるべきです。投与量はスタッキング中に変更する必要があります。

参考文献

オキサンドロロンの短期投与は若年男性の筋肉蛋白合成を促進する

The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, Volume 84, Issue 8, 1 August 1999, Pages 2705–2711

テストステロンの短期投与は、健康な男性において正味のタンパク質合成を刺激する。テストステロンの合成アナログであるオキサンドロロン[オキサンドリン(オックス)]が正味の筋肉蛋白質合成と脚を横切るアミノ酸輸送を改善するかを検討した。

6人の健常男性[22±1(±SE)年]を,経口OX(15mg/日)の5日前と5日後の吸収後状態で検討した。筋蛋白質の合成と分解は,大腿動静脈サンプリングと筋生検から得た安定同位体データを用いて3コンパートメントモデルにより決定した。前駆体‐生成物法を用いて筋肉蛋白質の分別合成速度を決定した。部分破壊率も直接計算した。骨格筋インシュリン様成長因子Iとアンドロゲン受容体(AR)の全メッセンジャーリボ核酸(mRNA)濃度をRT‐PCRを用いて測定した。

モデル由来筋肉蛋白質合成は53.5±3から68.3±5(平均±SE)nmol/分・100mL/脚(P<0.05)に増加したが,蛋白質分解は変化しなかった。アミノ酸の内向き輸送はOXで変化しなかったが,外向き輸送は減少した(P<0.05)。OX投与後の分別合成率は44%増加し(P<0.05),分別分解率に変化はなかった。したがって,合成と分解の間の正味のバランスは,両方の方法論(P<0.05)でより正になり,0と異ならなかった。さらに,RT‐PCRは,OX投与がインシュリン様成長因子I mRNA濃度を変化させることなく骨格筋ARのmRNA濃度を有意に増加させることを示した。

結論として,短期OX投与は骨格筋蛋白質合成の増加を刺激し,アミノ酸の細胞内再利用を改善した。この刺激のメカニズムは,骨格筋におけるAR発現のOX誘導増加に関連する可能性がある。

オキシメトロンは進行したヒト免疫不全ウイルス(HIV-1)感染患者の体重増加を促進する

Pediatrics. 2007 Jan;119(1):e109-16. Epub 2006 Nov 27.

目的:重度の熱傷では、筋肉と筋力が著しく低下する。研究によれば、オキサンドロロンは筋肉が消耗する状態で除脂肪体重を改善する。また、やけどを負った子供では、運動プログラムが除脂肪体重と筋力を増加させることが以前に示されている。著者らは,重度熱傷小児において,オキサンドロロンと運動の併用が,オキサンドロロン単独または運動単独よりも除脂肪体重および筋力を増加させるとの仮説を立てた。

方法と患者:熱傷を負った子供51人(体表面積の40%以上が燃焼)を無作為に,オキサンドロロン単独(0.1 mg/kg/日経口;n=9),オキサンドロロンと運動(n=14),プラセボと運動なし(n=11),またはプラセボと運動(n=17)に割り付けた。退院時よりオキサンドロロンの投与を開始し,熱傷後1年まで継続した。12週間運動訓練プログラムを熱傷6か月後に開始した。血清ホルモン,除脂肪体重,筋力および最大心肺能力を,熱傷後6(ベースライン)と9か月で評価した。データは一元配置分散分析を用いて分析し,有意性はP<に設定した。05.。

結果:オキサンドロロン群および運動群の体重および除脂肪体重の変化または増加の平均割合は,プラセボ群および運動群,オキサンドロロン単独群またはプラセボ群および非運動群と比較して有意であった。さらに,除脂肪体重は,プラセボのみを受けた群と比較して,オキサンドロロンと運動,オキサンドロロン単独,プラセボと運動群で有意に改善された。筋力は,プラセボ群および非運動群と比較して,オキサンドロロンと運動群,プラセボと運動群,およびオキサンドロロン単独群で有意に増加した。最大心肺能力は両運動群で有意に高かった。インスリン様成長因子1は、オキサンドロロン単独群ではプラセボ、運動、プラセボおよび労作なしと比較して有意に増加した。

重度の熱傷後のオキサンドロロンの同化作用

Ann Surg. 2001 Apr;233(4):556-64.

目的:悪液質の重症小児熱傷患者において、オキサンドロロンが筋肉異化を逆転させる可能性があるという仮説を検討する。

背景: 重度の熱傷では筋肉蛋白の異化が亢進し,筋力低下および治癒遅延の原因となる。オキサンドロロンは蛋白同化ステロイドで,悪液質性肝炎およびAIDS患者に使用されている。

方法:重度の熱傷を負った小児14人が,5カ月間のプロスペクティブコホート分析研究に登録された。これらの患者は、根治治療のために熱傷ユニットに到着するのが遅れた。このように皮膚移植と栄養補給を怠ると、重篤な栄養不良を伴う重篤な患児が発生した。来院時,全患者は切除と皮膚移植を受け,同様の臨床ケアを受けた。対象は,入院後5~7日と,0.1 mg/kgのオキサンドロロンを1日2回経口投与した1週間後,または薬理学的治療を行わなかった場合について検討した。筋肉蛋白質動力学を安定同位体注入中の大腿動脈と静脈の血液サンプルと外側広筋生検から得た。

結果:対照群とオキサンドロロン群では、年齢、体重、体表面積に占める火傷の割合がほぼ同じであった。筋肉蛋白質正味バランスは対照群で減少し,オキサンドロロン群で改善した。オキサンドロロン群の改善は蛋白質合成効率の増加と関連していた。筋肉蛋白質分解は変化しなかった。

結論:熱傷患者では,オキサンドロロンは蛋白合成効率を高めて筋肉蛋白代謝を改善する。これらの知見は,悪液質の重症損傷小児における筋肉蛋白質異化の阻害におけるオキサンドロロンの有効性を示唆する。

オキサンドロロンは、デュシェンヌ型筋ジストロフィーにおける骨格筋ミオシン合成を亢進させ、全体的な遺伝子発現プロファイルを変化させる

Am J Physiol Endocrinol Metab. 2006 Mar;290(3):E530-9. Epub 2005 Nov 1.

以前の研究は,Duchenne型筋ジストロフィー(DMD)に関連する進行性で容赦ない筋肉損失が,筋肉蛋白質の合成と分解の速度の間の不均衡を含むことを示した。以前の研究は,オキサンドロロンがDMDに有益であることを示唆したが,DMDの筋肉に対するオキサンドロロンの作用機序は不明である。これらの問題に取り組むために,著者らは安定同位体研究と遺伝子発現解析を組み合わせて,オキサンドロロンによる治療の3か月前後のDMD小児四人におけるミオシン重鎖(MHC)の分画合成速度,主要な筋収縮蛋白質,MHCアイソフォームの転写産物レベル,および全体的な遺伝子発現プロファイルを測定した。

L‐[U-(13)C]ロイシンの初回6時間持続注入の過程で,オキサンドロロン(0.1 mg.kg(-1)。日(-1))による3か月治療の前後に,二回の別々の機会に,ガストロクス筋生検と血液試料を採取した。マイクロアレイとRT-qPCRを用いて遺伝子発現解析を行ったところ、MHC合成率は42%上昇し、この上昇の少なくとも一部はMHC8に対する転写産物のアップレギュレーションに起因していた(周産期MHC)。

遺伝子発現データは,おそらく筋肉変性の減少のため,オキサンドロロン治療の結果として筋肉再生の減少を示唆した。これらの知見は,1) オキサンドロロンが重要な収縮蛋白質に対して強力な蛋白質同化作用を有すること,および2) これらの変化がこれらの患者に対する有意義な治療に変換されるかどうかを決定するために,より大規模で長期の研究が必要であることを示唆する。

長期オキサンドロロン治療は,熱傷6か月後の小児患者においてアミノ酸利用の改善を介して筋肉蛋白質ネット沈着を増加させる

Surgery. 2011 May;149(5):645-53.

背景:著者らは最近,骨格筋における蛋白質ターンオーバーのメカニズムが,損傷後6か月の重症熱傷小児患者においてアミノ酸(あ)注入に反応しないことを示した。本研究では,オキサンドロロン治療が損傷後6か月の小児熱傷患者における骨格筋の蛋白質代謝回転と全身蛋白質分解の機構に影響するかどうかを評価した。

方法:入院時に,患者は対照またはオキサンドロロン治療にランダム化された。治療レジメンは損傷後6か月まで継続され,その時点で患者(n=26)は筋肉および全身蛋白代謝回転を測定するために安定同位体トレーサー注入による試験を受けた。

結果:下肢筋肉の蛋白質動力学は,100mL下肢容量当たりのnmol/分(平均±SE)で表した。AA注入中,脚筋肉の蛋白質合成速度は両群で増加した(P<。05)(基礎vs AA:対照、51±8vs86±21;オキサンドロロン56±7vs96±12)。対照群では,破壊の同時増加(基礎vs AA:65±10vs89±25)もあり,脚筋肉蛋白質(基底vs AA:-15±4vs-2±10)の正味バランスに変化をもたらさなかった。オキサンドロロン群では,蛋白質分解は変化せず(基底vs AA:80±12vs77±9),正味バランスの増加につながった(基底vs AA:-24±7vs19±7;P<。05)。全身レベルでの蛋白質分解は群間で異ならなかった。

結論:長期のオキサンドロロン処理は,蛋白質分解を減弱させることによりAA注入中の脚筋肉蛋白質の正味の沈着を増加させたが,全身蛋白質分解には影響しなかった。